レオ シルバ選手のプレーはなぜハンドとならなかったのか? 【Jリーグジャッジリプレイ2020 #18-2】

明治安田生命J1リーグ第17節 C大阪vs鹿島の後半アデッショナルタイムのシーンを取り上げます。

松田選手(C大阪)のロングスローでボールは鹿島のゴール前に。ヨニッチ選手(C大阪)のシュートはブロックに行ったレオ シルバ選手(鹿島)の高く上げた手にヒットしたように見えましたが、ハンドの反則は取られませんでした。

なぜハンドの反則とならなかったのか、またこのシーンの流れの中で通常ならイエローカードが出そうな瀬古選手(C大阪)のファウルに対してアドバンテージ後にカードは提示されませんでした。

新しい競技規則への理解が深まるシーンです。是非ご覧ください。

Jリーグ公式サイト「J.LEAGUE.jp」
https://goo.gl/kYNZWg

Jリーグ公式Facebook
https://www.facebook.com/jleagueofficial

Jリーグ公式Twitter

Jリーグ公式Instagram
http://instagram.com/jleaguejp

Jリーグ公式LINE
https://line.me/R/ti/p/%40j.league